• トップページ
  • じゃこ天の作り方
  • かまぼこの作り方
  • よくあるご質問
  • ご注文について
  • お問い合せ

12/4現在手押してんぷら26日着〜30日着のご予約分がほぼ埋まってしまいました。
この期間の手押してんぷらの入りますご注文はご希望配達日を指定することができません
ご指定していただきましても2〜3日前後する可能性がございますので、ご了承下さい。

また、12月20日を過ぎると年内のご注文量が年内の製造可能量を上回ってしまい、
せっかくいただくご注文をお断りせざるをえない場合がございます。ご了承下さい。
野中かまぼこ店
じゃこ天(手押してんぷら)じゃこ天(手押してんぷら)
ハランボ(学名 ホタルジャコ) ハランボ(標準和名ホタルジャコ)

じゃこ天をご存知ない方もたくさんいらっしゃると思います。
じゃこ天というのは愛媛県西南部の特産品で、かまぼこには適さない小魚
【ハランボ・ヒイラギ・ムツ・ヒメチ・ゼンゴアジ・タチウオなど】のすり身を油で揚げたものです。

当店の「手押してんぷら」はじゃこ天の原料魚のなかでも、
風味・弾力とも最高とされるハランボという魚だけしか使っていません。

また、1枚1枚手作りで仕上げていますので、見た目は少し悪いかもしれませんが、
ふんわりと柔らかい口当たりになっていると思います。

かまぼこ類かまぼこ類
ハランボ(学名 ホタルジャコ) エソ

「昔のかまぼこには地方独自の味があった」という声を聞いたことがあります。

昔のかまぼこの原料は生魚100%が当たり前でしたから、地方の近海で獲れる魚の種類によって、
かまぼこにもその地方独自の味があったそうです。
しかし、冷凍すり身の普及によって日本全国どこのかまぼこも同じような味になってしまった、
というのです。

宇和島地方には、現在でも生魚を100%使用した昔ながらの製法を守っている店が数多く残っています。

当店のかまぼこもエソという魚だけを使っています。それ以外の魚や冷凍すり身は使用していません。

このページの先頭へ